日本語教師の資格を取得~検定合格に向けて専門教育を受けよう~

これから必要なスキル

先生と生徒

世界中の人とコミュニケーションをとるためには、英会話ができることが必須条件です。語学の上達はすぐには難しいですが、積極的に学ぶことによって、上達も早くなるでしょう。使える英会話を身に付けて、さらに自分の世界を広げていきたいものです。

もっと読む

日本語を教える仕事

男女

グローバル化で需要拡大

近年、国際交流の拡大に伴い日本で働く外国人の数は年々増加傾向にあります。また、留学目的で日本を訪れる外国人も増えてきています。こうした人々はまず日本語学校で日本語の読み書きや会話能力を身につけ、それから仕事に就いたり大学に通ったりするのが通例となっています。そこには当然のことながら日本語を教える教師、すなわち日本語教師の存在が不可欠となっています。日本語学校は国内のみならず、海外にも設置される例が目立っています。そのため日本語教師に対する求人需要は高い水準にあり、これに伴って日本語教師になるための資格に対する人気も高くなってきています。日本語教師に関する資格に公的なものはありませんが、民間団体が独自の検定制度を設けています。

専門教育を受ける必要あり

日本語教師に関する公的資格がないということは、極論すれば誰でも日本語教師になれるということになります。しかし日本語教育は外国人に対して「外国語ととしての日本語」を教えるという際立った特徴を持っているため、専門的な技能を身につけた者でないとなかなか勤まりません。日本語教師になるには、大学で日本語教育に関する専門科目を履修するか、専門学校等で日本語教師養成講座を受講するかのいずれかの方法によるのが一般的です。国のガイドラインによれば合計420時間以上の専門教育を受けることが望ましいとされており、ほとんどの専門学校はこれに沿ったカリキュラムを設けています。また、これらの講座はたいてい日本語教師検定資格を取得するための受験対策も兼ねています。

英語での会話

教科書

読み書きではなく英語を喋ることができるようになりたいのならば、実際に英語を使える方と話をする必要があります。そこでおすすめするのが自宅に居ながら英会話を教えてもらえるオンライン英会話というサービスです。様々なレベルのコースがありますので、自身にあっているところを見つけだしましょう。

もっと読む

フィリピンへの英会話留学

海

リゾート地で有名なフィリピンのセブ島は、英会話を学習するための留学地としても役に立ってくれます。フィリピンは英語が公用語となっているので、セブ島留学でしっかりとした英会話力を身につけてみてはいかがでしょうか。

もっと読む